【連載】#3 Apple Watchを買おうか悩んでいる人へ #applewatch #autosleep

NO IMAGE

どうもこんにちは。munetoramanです

前回#2では「Apple WatchでApple Payを使うメリット」について書きました。

今回は、Apple Watchを身に着けたまま寝るメリットについて書きたいと思います。

<Apple Watchを身に着けたまま寝るメリット>

時計を着けたまま寝るなんて、考えられない・・・

私は、Apple Watchを購入したのはこの記事を書くちょうど一年前なので、腕にApple Watchを着けたまま寝始めて1年経ちました。

最初は非常に抵抗がありましたが、慣れたら大丈夫!

腕にApple Watchを着けると「睡眠快適度」も測れますし「目覚めのタイマー」も設定可能です。

「睡眠快適度」を計測するアプリとして「AutoSleep」を使っています!

こんな感じで睡眠の快適度がよくわかります!

この日はあまり眠れていないことがわかりますが、下の画像ではギッシリと赤い色があるので、快適に睡眠できていることがわかります!

実際に快適に眠れていると表示されている日は、起きた時に眠くないですし、赤い色が少ないときは睡眠が足りないなと感じます

[Auto Sleepは下のバナーから!]

「目覚めのタイマー」ですが、iPhoneの「時計」アプリからアラームを予約しておくと、指定された時にApple Watchにも振動と一緒に通知が来て、「停止」を押されるまで振動し続けます。

その機能を使えば、iPhoneのタイマーでは起きれなかった(気づかなかった)ということは無くなります。

実際のところ、Apple Watchのタイマー通知で気づかなかった朝はほぼ0で、99%タイマーに気づくことができます。

いかがでしたでしょうか。

ぜひ気になった方はApple公式サイトでチェックしてみてください!

フォローして最新情報をゲット!

Appleカテゴリの最新記事