ドコモ新料金プラン「ahamo」でスマホ代を安くしよう!

ドコモ新料金プラン「ahamo」でスマホ代を安くしよう!

みなさんこんにちは

チームネットラボ munetoramanです!

2020年12月3日に発表されたドコモの新料金プラン「ahamo」について今回は取り上げたいと思います!

ahamoとはどんなプランなのか

楽天モバイルやワイモバイルなどのブランドやMVNOとの違いは?

などみなさんが疑問に思っていることが少しでも解決できましたら幸いです!

それではいってみましょう!

「ahamo」とは

「ahamo」は「アハモ」と呼び、ドコモの新料金プランです。

ahamoには「未知の物事を瞬時に理解すること」を意味する「アハモーメント」や、「なるほど」という相づちの英語表現である「Aha」、楽しい時の笑い声である「アハ」という意味が込められているとのことです。

この新料金プランですが、月額2980円(税抜)20GBまでのデータ通信を利用でき、1回あたり5分以内の通話がし放題になります。

20GB使い切っても1Mbpsでデータ通信を利用でき、最低限の速度で通信ができます。

5分以内で通話しきれない方向けに追加1000円(税抜)を出せば、5分を超えた通話でも時間を気にせずに通話し放題になる「かけ放題オプション」もあります。

また、海外82の国や地域で追加料金なしで利用できるのも特徴です。

2年契約縛りはある?5G対応?

「ahamo」に2年契約縛りはあるのでしょうか。

今回の「ahamo」は2年契約縛りはありません

また、解約金なども発生しません

そして、4Gだけでなく5Gも対応しています!

なぜ2980円が実現できたのか

なぜ2980円が実現できたのか気になる方も多いかと思います。

実際に筆者もそうでした。

今回のahamoは以下のようなサービスを絞り込むことで2980円を実現できたとのことです。

キャリアメールが無いことに注意!

この「ahamo」ですが、ドコモにはあったキャリアメールが無いことに注意が必要です。

キャリアメールとは「@ docomo~」と言ったものです。

ガラケー時代から使っている人やキャリアメールをよく使う人は要注意!

ただ、これは「gmail」などで代用することも可能ですので、そのようなフリーメールを用意しましょう。

契約はオンラインのみ!

今まで通りドコモショップでできるのではと思った方はごめんなさい!

今回の「ahamo」ですが、実店舗(ドコモショップなど)では取り扱わずにオンラインのみで受け付けとなります!

また、契約できるのはdアカウントを持った20歳以上のユーザーに限られます。

dアカウントを持っていない人はこの機会に作成すると良いでしょう

実際に今回のahamoだと、1000円毎に10 ポイントが付与され、貯まったdポイントは街のお店(dポイント対応店)などでも使うことが可能です。

子どもに持たせたい方でも大丈夫。

保護者が契約をして20歳未満のユーザーを利用登録できるのでそちらで契約をすると良いでしょう。

MNPが必要なケースと不要なケース

KDDIのサブブランド「UQ mobile」、ソフトバンクのサブブランド「Y!mobile」などは、ブランドを変えるためにMNPが必要でした。

今回の「ahamo」は、ドコモユーザーからの変更だとMNPの手続きをせずにahamoにすることが可能です。

ただ、2021年5月まではシステム対応に時間を要している関係でMNPと同様の手続きをする必要があります。

その時の手数料や解約金などは発生しませんので、安心してください!

12月3日からahamo提供開始前日までに先行エントリーして、2021年5月31日までにahamoを契約すると、dポイント(期間・用途限定)3000ポイントを進呈するキャンペーンを実施するそうですので、チェックしてみましょう

楽天モバイルを意識してる?

今回のドコモの「ahamo」、いかがでしたでしょうか。

携帯電話会社の料金プランを調べている方からすれば、「楽天モバイルを意識している??」と思ったかもしれません。

楽天モバイルと似たようなサービスであり、価格も2980円ということで楽天モバイルとしてはこのドコモの「ahamo」は苦しいニュースでしょう。

ただ、楽天モバイルは現在契約すると「1年間基本料金が無料」になりますし「契約時のポイントバック」など嬉しいキャンペーンも実施中です!

ぜひこちらもチェック

フォローして最新情報をゲット!

ブログカテゴリの最新記事

チームネットラボで記事を書いてみませんか?
あなたの才能を私たちと発揮しましょう!
初心者でもOK!ほんの少しの報酬もあり!
詳しくはお問い合わせフォームからどうぞ!