「トクするサポート」と「格安sim」は最強の組み合わせ?!

NO IMAGE

こんにちは!

チームネットラボのmunetoramanです。

皆さんは毎月、携帯電話(スマホ)の通信料はどのくらいかかっていますか?

最新のiPhoneなんかは一括で買うと十数万円するモデルも出てきています。

しかも、大手3キャリア(docomo,au,softbank)の基本料金が高く、それに本体代…

月々1万円近く(それもしくは1万円超え)支払っている方もいるのではないのでしょうか。

そんな方の中で、毎月1GB〜3GBの通信量で何とかなっている方に朗報!!

ソフトバンクの「トクするサポート」と「格安sim」の組み合わせで、最新のiPhoneを持ちながらも、月々5000円以下で利用が可能なんです!!

ソフトバンク「トクするサポート」は旧名称で「半額サポート」「半額サポート+」というもので、最新のスマホ(iPhone)を購入された方は聞いたことあるのではないのでしょうか。

総務省より「『半額』という表現は消費者に誤解を招きかねない」という指摘により「トクするサポート」という表現に変更になりました。

内容として、

スマホ本体を購入時に48回払いで購入し、さらに月390円(非課税)のこの「トクするサポート」プログラムに入ることにより、2年目以降に機種変更するときに、残りの残債が免除されるというもの

なのです!

例えば、

10万円のスマホを48回払いで購入し、トクするサポートに入れば、実質5万円+トクするサポート代(390円×24)でそのスマホを利用することができ、残りの5万円は機種変更をすれば免除

になります!

ただし、機種変更時にそのスマホをソフトバンクに回収(初期化をして返却)する必要があります。

簡単に言うと「リース」みたいな感じですね!

ここで、「あれ?」と思う方もいるはず。。

「普通に(トクするサポートを適用させずに)24回で購入して、ブックオフやゲオなどのスマホ買取に出した方がいいんじゃないの?」

と。。

よく考えてみてください。

契約したスマホ、契約したては買取価格は本体価格の半分より高いかもしれません。

毎日使って、どれだけ綺麗に使ってても傷が入ったりするかもしれません。

しかも、

買取価格も契約した時よりも大幅に落ちていて、本体価格の1/4以下になっているかもしれませんよ。

またある人は、

「ソフトバンクで通信回線とスマホ本体を合わせて購入しないといけないんじゃないの」

という方もいると思います。

実は、、

2019年10月より、スマホ本体のみを購入することも可能になりました!!

しかも、

SIMロックも購入したその日に外してくれる(3000円+税を現金でその場で支払う必要あり)ので、その場で格安simを挿して使うことも可能!

このように、トクするサポートは普通に買って売る時よりもメリットが大きく、スマホ本体価格が高騰している今、おすすめでもあります。

しかも、トクするサポートで契約し、2年目以降に機種変更をすると、今まで支払ってきたトクするサポートの390円×24回分が(2019/10/16現在)PayPayライトボーナスなどで返金されるんです!

そんなお得な「トクするサポート」、「格安sim」と組み合わせると大手キャリアで契約し続けるよりもお得であることがお分かりいただけるかと思います。

「格安sim」の中でも安いところは1500円ぐらいで契約できますし、昼間などの混み合っている時間帯の速度低下を気にされる方は「ワイモバイル」や「UQ mobile」をおすすめします!

最後に「トクするサポート」と「格安sim」のそれぞれのメリット、デメリットをまとめておきます

「トクするサポート」

メリット

・購入機種の実質半額の料金+サポート料金(390円×24回)で済む

(サポート料金(390円×24回)は2年目以降に機種変更をすればなんらかの形で返金)

・普通に機種を購入してブックオフやゲオで売るよりもお得

デメリット

・機種変更をするときに使っていたスマホはソフトバンクに返さないといけない

・契約した日から2年目を超える日を覚えておかないと、ドンドンお得ではなくなる。(機種変更を考えると)

「格安sim」

メリット

・安い!

デメリット

・混み合う時間帯は定速度になる可能性が高い

・大容量データを使う人には不向き

ぜひ「トクするサポート」と「格安sim」の組み合わせで、毎月の通信料金を下げて、楽しいスマホライフを過ごしましょう!!

こちらの記事は、チームネットラボの運営「ふもとチャンネル」にて解説動画もあげる予定です。

ぜひそちらも合わせてご覧ください!

フォローして最新情報をゲット!

携帯電話カテゴリの最新記事