【判別できる?】JR西日本の新型車両の前面顔があちこちで活躍中

【判別できる?】JR西日本の新型車両の前面顔があちこちで活躍中

皆様、こんにちは。

チームネットラボのU5swです。

今回はJR西日本の新型車両について取り上げていきます!

突然ですが、あなたはこの4つの車両の形式を答えられますか?

いきなりですが、あなたはこの4つの車両がどんな形式なのかご存知でしょうか?

とてもマニアックな質問なので、鉄道ファン以外は「わかるか!」って思う方がほとんどでしょう。

ところで、この4つの車両の共通点を見ると、前面の顔(デザイン)がほぼ一緒なことがわかります。これだけ顔が一緒ならば、この4つは全て形式が一緒でしょ?って思う方が多いかと思われます。しかし…

この4つの車両、全て形式が異なります。

一瞬「は?」って思う方もおられますが、この4つの車両、顔は一緒なのに形式はそれぞれバラバラなのです。バラバラではありますが、JR西日本の新型車両は近年あちらこちらで導入され、北、東は北陸、南は和歌山、西は山口まで活躍しています。

今回はこの新型顔を搭載している車両を細かく紹介していこうと思います。

新型顔の車両紹介

521系0番台(3次車)

新型顔の元祖となる521系0番台3次車
  • デビュー年:2013年
  • 1編成あたりの両数:2両
  • 車両数:2両編成21本(内19本がJR西日本所属、2本がIRいしかわ鉄道所属)
  • 営業区間:JR車→北陸本線(敦賀〜金沢間)、IR車→IRいしかわ鉄道、あいの風とやま鉄道(金沢〜富山間)
  • 今後の展望:北陸新幹線延伸により北陸本線が第3セクターに転換し、それと共に第3セクターの会社に転属する予定

JR西日本の新型顔の元祖となる車両がこちらです。521系という形式は2006年から誕生しましたが、1,2次車は223系に準じた顔となっています。当初は223系の交直流電車バージョンとして、北陸本線、湖西線の米原、近江今津〜福井間で運用されていました。その後旧型国鉄車を置き換えるために2009年から増備を進め、この3次車の導入で北陸本線の敦賀〜金沢間のほとんどの列車を521系に統一することができました。

521系2次車(あいの風とやま鉄道所属)。3次車と前面顔が大きく異なる。

3次車の前面デザインが変更された理由としては、既に225系が導入されていたこと、225系に搭載された衝撃吸収構造を採用するためだと考えられます。そのため、225系とはデザインが異なりますが、225系に合わせた仕様に変更されました。ただし走行機器や性能は従来車と変わらないため、2次車の続番として製造されました。

225系0番台。見比べて見ると225系をベースとした顔であることが何となくわかる。

521系3次車は全て金沢総合車両区に在籍しており、敦賀以南には乗り入れません。ただし小浜線には臨時列車で乗り入れたことがあります。

また、IRいしかわ鉄道に所属している2編成は北陸新幹線金沢延伸開業直前に製造されたため、当初はJR西日本所属の車両でしたが、JR西日本で運用されることなくIRいしかわ鉄道に譲渡された異色の車両でもあります。2020年10月現在、IRいしかわ鉄道の車両は金沢〜富山間の限定運用となっていますが、2022年に延伸予定の北陸新幹線敦賀〜金沢間が開業すると、IRいしかわ鉄道の区間が拡大されるため(おそらく大聖寺までがIRいしかわ鉄道の管轄になる)、運行区間も拡大される予定です。

227系0番台

この形式からフルカラーLEDの種別行先表示器を本格採用
  • デビュー年:2015年
  • 1編成あたりの両数:2両または3両
  • 編成数:2両編成42本、3両編成64本
  • 営業区間:山陽本線(福山〜徳山間)、呉線、可部線
  • 今後の展望:特になし

私が広島時代に何度もお世話になったこの車両。國鐡廣嶋に革命をもたらした車両として以前紹介した車両です。

この編成から種別行先表示器をフルカラーLED化し、その後の新型車両にも普及させました。また、運転台は速度メーターといった計器類が液晶表示となったグラスコックピットが採用されました。一方で、地方の新型車両という位置付けから、車内表示器はLEDが採用されています。

2019年に広島のシティネットワーク(山陽本線の三原〜岩国間、呉線、可部線)の車両を全てこの形式に統一しました。

227系0番台に関してはこちらの記事でも詳しく紹介しています。

225系100番台

225系にもこの新型顔が搭載された
  • デビュー年:2016年
  • 1編成あたりの両数:4両または8両
  • 編成数(2020年10月現在):4両編成2本、8両編成2本
  • 営業区間:東海道本線(米原〜神戸間)、山陽本線(神戸〜上郡間)、北陸本線(敦賀〜米原間)、湖西線、草津線、赤穂線(相生〜播州赤穂間)
  • 今後の展望:10月現在増備車が営業開始に向けて試運転中、144両を製造し、網干の221系を奈良に転属させ、201系を置き換える予定

新快速の12両編成化を強化させる目的で増備されましたが、227系が登場していたこともあり、前面顔を227系と同様のデザインに変更し、種別行先表示器もフルカラーLEDに変更されました。同時に100番台とし、0番台と区別を行なっています。ただし運転台や機器類は従来の225系と同様であり、車内案内表示装置も従来通りLCDが採用されています。

登場からしばらく増備はありませんでしたが、今年網干総合車両区に在籍している221系を奈良総合車両区に転属させ、201系を置き換えるために増備が進んでおり、各地で試運転が行われています。この増備車は前照灯をHIDからLEDに変更したり、中間車にフリースペースを新設するなど仕様変更が行われています。

225系導入により201系が置き換えられる記事はこちらから!

225系5100番台

関空・紀州路快速や区間快速での運行がメインの5100番台4両編成
  • デビュー年:2016年
  • 1編成あたりの両数:4両または6両
  • 編成数:4両編成14本、6両編成11本
  • 営業区間:阪和線、大阪環状線、関西空港線、羽衣線、紀勢本線(和歌山〜紀伊田辺間)
  • 今後の展望:特になし

阪和線用の225系の増備編成としてもこの新型顔を採用した車両が登場しました。こちらも5000番台と区別するため、5100番台とされています。

この形式は、阪和線、関西空港線、羽衣線で長らく走っていた103系と205系を全て置き換えるために導入された車両です。そのため、4両編成に加えて6両編成が新たに登場しました。

4両編成は223系0番台、2500番台、225系5000番台と共通運用を組み、関空・紀州路快速から普通まで幅広く使用される他、5100番台のみ羽衣線のワンマン運転に対応し、ピストン運行されています。

一方、6両編成は103系または205系の6両編成の代替がメインのため、阪和線の普通を中心に運行されています。また、6両編成は他の車両と併結運転を行わないため、前面の転落防止幌がついておらず、近郊形車両では珍しく女性専用車両が設置されています。

5100番台6両編成。転落防止幌がないことがわかる。

323系

大阪環状線の顔となった323系
  • デビュー年:2016年
  • 1編成あたりの両数:8両
  • 編成数:8両編成22本
  • 営業区間:大阪環状線、桜島線
  • 今後の展望:今年323系を使用した自動運転試験を実施。もしかすると数年後には自動運転が本格化する?

大阪環状線に乗り入れる一般車両を全て3ドア車に統一し、103系と201系を置き換えるために導入された車両です。この形式から、前照灯をLEDに変更し、制御装置にフルSiC-MOSFET素子のVVVFインバータを採用しました。

大阪環状線の普通列車専属のため、座席はロングシートが採用され、ドア上部にLCDの車内案内表示器を採用、自動放送装置も本格的に搭載されました。

大阪市内を走行するため、女性専用車両も設置されています。また、大阪駅の天満方が最も混雑しやすいことから、8号車(1番近い号車)は座席数を減らす代わりに立ちスペースを増やしたことで、混雑緩和対策を施しています。

【あいの風とやま鉄道】521系1000番台

521系1000番台の動画。(鉄道ばらえてぃch/Snowrabbit683さんから引用)
  • デビュー年:2018年
  • 1編成あたりの両数:2両
  • 編成数(2020年10月現在):2両編成2本
  • 営業区間:あいの風とやま鉄道、IRいしかわ鉄道、えちごトキめき鉄道(市振〜糸魚川間)
  • 今後の展望:残り3編成を導入し、413系を完全に置き換える予定

JR西日本ではないので番外編という形ですが、JR西日本ベースなためこちらでも紹介します。521系1000番台は0番台3次車とほぼ同じ設計ですが、種別行先表示器がフルカラーLEDとなっていることから1000番台と区分されています。また、他の形式と異なり、側面の種別行先表示器が分けられて表示するタイプとなっています(他は一体化した表示器である)。

あいの風とやま鉄道は開業する際、521系0番台2次車の一部車両と、国鉄型車両の413系を譲渡されて運行しています。その413系を置き換えるためにこの形式が導入しています。2022年までに5編成が揃う予定で、413系全てを置き換える予定となっています。

227系1000番台

227系1000番台の動画(がみさんから引用)

  • デビュー年:2018年
  • 1編成あたりの両数:2両
  • 編成数(2020年10月現在):2両編成28本
  • 営業区間:和歌山線、桜井線、紀勢本線(和歌山市〜和歌山間、和歌山〜紀伊田辺間)
  • 今後の展望:2021年から紀勢本線の紀伊田辺〜新宮間でも運行開始、227系に全て統一する予定。また、和歌山線において、2023年に移動閉塞のシステムを導入する予定であり、ATCの車上装置を搭載する予定

奈良、和歌山地域で走っていた国鉄型車両の105系と117系を置き換えるために導入された車両です。地方で走るために227系としましたが、0番台とは大きく異なり、座席がロングシートであること、制御装置や前照灯が323系と同様のものであることが挙げられます。

1000番台の導入とICOCAカードの使用可能エリアの拡大により、車載型IC改札機が導入されているのが特徴です。今後、紀伊田辺以南にも導入される他、和歌山線での移動閉塞システム導入の対象車両となるため、発展が著しい車両となっています。

521系100番台

521系100番台(ツモいちさんから引用)
  • デビュー年:2020年
  • 1編成あたりの両数:2両
  • 編成数(2020年10月現在):2両編成12本(営業運転に入っているのは3本?)
  • 営業区間:七尾線、IRいしかわ鉄道(金沢〜津幡間)
  • 今後の展望:最終的に2両編成15本が出揃い、413系と415系を置き換える。また、2021年に七尾線にICOCAが導入されること、ワンマン運転を開始することに併せて、車載型IC改札機を使用開始する予定

北陸本線系統が521系でほぼ置き換えられたのに対し、未だ413系や415系といった国鉄型車両が走っている七尾線。その七尾線にも遂に521系が導入されました。七尾線専属ということで、青帯の0番台に対し、赤帯の100番台として区別されて導入されました。

1000番台同様フルカラーLEDの種別行先表示器が採用されましたが、側面の種別行先表示器は一体化したものが採用されました。また、ICOCA導入とワンマン運転開始により、車載型IC改札機を準備しています。

この形式の特徴は走行機器にあり、従来の521系のような竜巻インバータの音を起動時に出した後、SiCの音に変わって一気に静かになる今までにない音を出す車両として話題になっています。

521系100番台の走行音(TOQBOX9000さんから引用)

なぜ形式がバラバラなのに同じ顔なのか?

ここまで4形式、7番台区分の車両を紹介していきましたが、なぜここまで同じ前面顔の車両があちこちで走っているのでしょうか?

1番の理由としては、共通の顔にすることによって設計や製造コストを抑えたり、機器の保守点検を容易にすることが挙げられます。形式ごとに顔が違ければメンテナンスのやり方や製造工程を分けなくても良いですからね。

また、数十年後の新形式投入で他線に転属してもすぐに使えるようにという将来的な意味も込めていると考えられます。あくまでも私の予測に過ぎませんが。

ただ同じ顔でも車内設備が異なったり、走行機器が異なったりしているので、それらの違いを見つけるだけでも面白いのではないかと思います。

まとめ:新型顔はJR西日本の新たな顔として色んな場所で活躍している

いかがでしたでしょうか?

今回は結構マニアックな話題として、JR西日本の新型顔について説明していきました。

JR西日本と3セクに転換された元JR西日本区間において、様々な場所で活躍を続けており、今後も運用範囲を拡大していきます。

JR西日本の新たな顔として、これからもたくさんの活躍をしていただきたいですね!

今回はここまでとなります。ご覧いただきましてありがとうございました!

フォローして最新情報をゲット!

鉄道カテゴリの最新記事