【iPhoneクラウド写真保存】iCloudよりもGoogleフォトがクラウド写真保存には良い

【iPhoneクラウド写真保存】iCloudよりもGoogleフォトがクラウド写真保存には良い

みなさんこんにちは!

チームネットラボのmunetoramanです!

みなさんはクラウドサービスは使っていますでしょうか。

私はガッツリ使っていてお世話になりっぱなしです!!

そんなクラウドサービスの中でも写真を保存してくれるサービス「Googleフォト」について、iPhoneユーザーが使うであろう「iCloud」と徹底比較していきたいと思います!

それではいってみましょう!

iCloudは5GBまで無料で使える

iPhoneを使っている方が多いかと思いますが、写真をiCloudに上げているとすぐいっぱいになりませんか?

それはiCloudが5GBまでしか無料で使うことができないからです。

もちろん毎月数百円払うとそのクラウドの容量が増えます。

そのため、写真は本体のみに保存していて、機種変更の時に困ってしまうという方もいるでしょう。

Google フォトは無料で使える!

さて、Google フォトはどうでしょう。

「 高画質 (容量制限なし、無料) 」という設定にしておけば、無料で画像や動画をクラウドに上げることができます。

そのため、本体容量が小さくてもクラウドに上げていれば古い写真は本体から削除しても大丈夫!

しかも、Googleアカウントでログインした端末から写真をどこでも見ることができるので非常に便利です!

たまにアプリを立ち上げるとアップされる

iPhoneの悪いところと言ったらいけませんが、基本的にバックグラウンドでのアプリ動作はできないようになっています。

そのため「Google フォト」を使うときには、たまにそのアプリを起動してあげてクラウドにアップロードしてあげる必要があります。

サクッと上がるので、少しだけ放置しておくとよいでしょう。

筆者は「Wi-Fi環境時にアップロード」で設定しているので、旅行から帰ってきたらかなりアップロードするようになります笑

まとめ

Googleのサービスがあまり好きではない方であればこの方法は嫌だという方もいるでしょう。

その場合は「dropbox」や「onedrive」などを使うと良いでしょう。

しかしいずれにしても容量には限られていますので、無料で無制限に画像をクラウドに上げるなら「Google フォト」が一番便利だと私は思います!

ぜひ、自分に合った写真クラウド保存サービスを使って楽しいスマホライフをお過ごしください!

フォローして最新情報をゲット!

Appleカテゴリの最新記事