久々の記事投稿と近況報告

NO IMAGE

みなさま、こんにちは。

チームネットラボのU5swです。

まず、みなさまに一言。

この数ヶ月、ブログ作業に全く手をつけられていませんでした… 申し訳ございません…

ここまで期間が空いてしまった理由ですが、1番は、

学業を最最最優先していた。ということです。

つい最近ひと段落し、やっと記事作成を再開できました…

私も学生という身分なので、当然学業を頑張らないといけない身なのです。どうかお許しを。

その代わり、これだけはちゃんとやっておりました。

それは、Youtubeへの鉄道動画の投稿です。

記事を考えて書く余裕がなかった分、できる限り動画ネタをどんどん作って投稿するよう努めました。(その結果、ムネトラチャンネルは完全に鉄道チャンネルと化してしまいましたが笑)

そんな中で、チャンネル登録者も増え、動画にコメントしていただける回数も増えてきました。ありがとうございます!依然大したことではありませんが、チャンネル登録、高評価、心優しいコメントが動画投稿の励みになっています。これからもよろしくお願いします!

さて、今日はこの数ヶ月間で投稿した動画の中から、再生回数の多い動画best3(2020.2.19時点)を発表していこうと思います!

第3位 【最後の700系山陽直通のぞみ】のぞみ189号博多行き 広島駅 2019.12.22

もうすぐ引退する700系新幹線より、昨年12月22日に運用を終了した、「山陽新幹線に直通する臨時ののぞみ」の最後の列車、「のぞみ189号」の広島駅発着動画がランクインしました。ラストランということでアクセスが多くなったと考えられます。

この日は「瀬戸内マリンビュー」のラストラン運行の日でもあり、ラストランを見送ったついでに700系山陽のぞみのラストランを見送ることができました。

現在、東海道新幹線の700系にはラストランのステッカーが貼られており、連日各地で撮影のために賑わっています。是非マナーを守った上で皆様が気持ちよく700系を見送れるようにしていきましょう。

また、「山陽ひかり」の定期運用(441号、444号)も3月のダイヤ改正で終了してしまいます。山陽新幹線では、もしかしたらダイヤ改正以降も見られるかもしれませんが、毎日見ることができなくなってしまうので、こちらも目が離せませんね。

これは、先日撮ってきた「ひかり441号」です。早朝の運行ではありますが、乗車も撮影も比較的空いているので、記録しやすい列車でもあります。

第2位 【祝 芸備線全線運転再開記念】快速庄原ライナー備後庄原行きに乗ってきた

昨年10月23日に西日本豪雨の影響を受けていた芸備線が完全復旧しました。これに合わせ、JR西日本は、芸備線全線復旧を祝うと同時に、庄原地区の地域活性化を行うために、10月26日〜12月8日の土休日に、広島〜備後庄原間を走る快速「庄原ライナー」が運行されました。

庄原ライナーは運行本数が限られていたこともあってか、乗り通しを記録した動画が少なかったこともあり、その分この動画が貴重なものとなり、アクセスが多くなったと考えられます。

次の改正で流石に定期化までは行かなかったものの、観光シーズンで庄原をアピールしつつ庄原ライナーを運行し続け、いつかは定期運行できるほど人気な車両になれるよう願っています。

第1位 東京メトロ17000系17101F 甲種輸送 2020.1.17

1位はこの動画です。やはり、関東の車両かつ、トップナンバーの車両の甲種輸送ということでアクセス数がダントツでした。

ここまで伸びたのもびっくりしましたが、1番びっくりしたのは首都圏の中心を走る車両が山口県下松で製造され、甲種輸送されていることでした。

私自身、甲種輸送のシーンを本格的に見たのはこれが初めてで、今まで動画でしか見たことがなかったシーンを実際の目で見た時の迫力は凄まじかったです。

以上、アクセス数best3を簡単に紹介していきましたが、ここまで動画を投稿し続けてきた中で、どうすればアクセス数が伸びるのかについてのポイントを何点か挙げてみました。

・みんなが簡単に撮れるような動画でないこと(オリジナル性があること)→(例)庄原ライナー

・他の人が実行しなさそうな企画を発案し実行した動画であること

・珍しい列車であること→(例)甲種輸送

・時事ネタに沿った動画であること→(例)700系

もちろん、始めたばかりなのでまだ気づいていないところもありますが、これからも動画を投稿し続け、どんどん大きなチャンネルとして発展できるよう尽力かつ勉強して参ります!これからもよろしくお願いします(もちろんブログも更新できるよう頑張ります)!

最後に、まだチャンネル登録されていない方は是非登録の方よろしくお願いします!もちろん、高評価もよろしくお願いします!

今回はこれで以上となります。最後までご覧いただきありがとうございました。

フォローして最新情報をゲット!

YouTubeカテゴリの最新記事