【漫画】満州アヘンスクワッドを読んだ感想レビュー!

【漫画】満州アヘンスクワッドを読んだ感想レビュー!

Mossphloxです。

『満州アヘンスクワッド』という漫画を読みました。

満州の日本人居留民で関東軍兵士の主人公・日方勇が青幇(中国の麻薬組織)のボスの娘・麗華(リーファ)と組み、妹弟と共に日本に帰る資金をつくるために阿片(麻薬)ビジネスを始めるというお話です。

画力 A

キャラクターデザイン B

コマ割り等の見やすさ A

構成 B

設定 B

(A〜D、Fで評価)

満州国は1932年〜1945年まで現在の中国東北部に存在した国家です。

私は満州国というあまり語られることのない国家に興味があり、満州を舞台にした作品があれば読んでみたいと思っていました。

この漫画はつい数日前に存在を知り、すぐに購入しました。

漫画のレビューをします。

◼︎画力:A

画力については文句のつけようがありません。おそらく日本トップレベルです。

デッサンに狂いがある漫画や、男性と女性、子供と成人と中年と老人の描き分けが出来ていない漫画、表情が描けていない漫画というのは結構多く存在します。人気のある漫画でも画力に問題がある作品は多いです。

そんな中、この漫画の画力は文句のつけようがありません。

デッサンは正確で、性別・年齢の描き分けもよく出来ています。

特筆すべきは陰影の書き込みです。

ペンで線をX字形に重ねることで手書きで陰影をつけています。確か漫画用語だと「アミ」という技法です。

陰影のほとんどをペンによる手書きで神経質なぐらい丹念につけています。

また、人が阿片で狂った時の描写や、恐怖や葛藤などで心が動かされた時の描写が生々しく、鬼気迫るものがあります。

◼︎キャラクターデザイン:B

気弱だが家族思いの主人公・日方勇、しっかり者の妹、無邪気な弟の主人公一家。

青幇(麻薬組織)のドンの娘でミステリアスなヒロイン・麗華(リーファ)。

ひょうきん者だが裏の顔がある傷痍軍人・陣内。

阿片密売ルートの遮断のために拷問に手を染める憲兵・長谷川。

これらのキャラクターが個性豊かに描かれています。

◼︎コマ割り等の見やすさ:A

変にコマからキャラクターが飛び出たりすることがありません。

コマ割りの仕方もごく普通です。

視線移動がしやすく、非常に見やすいです。

◼︎構成:B

ダレることなくテンポよく話が進んでいきます。

一気に1巻を読めました。

◼︎設定:B

世界観設定は基本的によく出来ています。

ただし関東軍の兵士が主人公の家に来て召集を伝え、主人公の母親が召集令状に噛みつくシーンはリアリティに欠けます。

興味を持った方はお近くの書店またはAmazonへどうぞ!

フォローして最新情報をゲット!

ブログカテゴリの最新記事