【徹底比較】ドコモ新料金「ahamo」と楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT V」どっちが良いの?

【徹底比較】ドコモ新料金「ahamo」と楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT V」どっちが良いの?

みなさんこんにちは!

チームネットラボのmunetoramanです!

先日発表されたドコモの新料金プラン「ahamo」!

月額2980円(税抜)で20GB使えて5分以内の通話し放題など魅力的ですよね!

ただ、ここで比較したくなるのが「楽天モバイル」の「Rakuten UN-LIMIT V」

そこで今回は「ahamo」VS「Rakuten UN-LIMIT V」の徹底比較を行いたいと思います!

それでは行ってみましょう!

ahamoとは?

ドコモの新料金プランahamoについては関連記事をご覧下さい!

Rakuten UN-LIMIT Vとは?

楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT V」は今回のahamoと同額の月額2980円で使える料金プランです。

執筆時は楽天エリアが一部エリアにとどまっており、ローミングとしてauがカバーする形で通信サービスを提供中です。

なんと言ってもすごいのは、楽天エリア内だとデータ通信量無制限

さらに、楽天Linkを使った通話だと通話料無料(一部除く)!

さらに、現在は契約して1年間無料と大きなキャンペーンを実施中です!

楽天モバイル公式ページ

【徹底比較】項目

いかがでしょうか。

ここまで見ていただいても似たようなプランであると思われたかもしれませんが、一部分だけ異なっていますので細かく見ていきましょう!

1. データ通信量の違い

まずはデータ通信量の違いです。

【ahamo】 : 20GB

【楽天モバイル】 : 楽天エリア内だと無制限、楽天エリア外だと5GB

少し差が出ました。

家にネット環境が整っていない方は楽天エリア内なら楽天モバイルが良いかと思います。

ただ、今現在、楽天モバイルはつながりにくい場所もあるので注意が必要です。

筆者の立場(ゲームをあまりしない)だとdocomoでも十分かもしれません。

2. 通話し放題の違い

【ahamo】 : 5分以内なら通話し放題

【楽天モバイル】 : 楽天linkを使えば通話し放題

みなさんが日頃どのくらい電話をするかによるかと思います。

筆者の立場からすると5分以内で電話が終わるのがたいていですが、もう少し余裕があってほしいところ。

ahamoは通常の回線で電話ができる(IP電話などではない)ので、楽天モバイルより有利かもしれません。

実際に私の家族が楽天モバイルで楽天linkを使って通話をしていますが、通話品質がたまによくないこともあるみたいですので注意が必要です。

ただ、ほとんどの電話は問題なくできるので楽天モバイルでもいいかもしれません。

いざというときに長電話してしまうことがありますからね…(ラインなどが多いならどちらでもよい)

3.エリアの問題

最後にエリアの問題があるでしょう。

今現在(2020/12/3)、楽天モバイルのエリアは全国を見ると一部に限られていたり、エリア内でもつながらない(地下鉄など)といったことが報告されているようです。

ただ、これは時間の問題で、1年後にはエリアは広がっているものと思われますし、つながらないところはauのローミングで補っているので問題ないでしょう。

逆にahamoはdocomoのエリアで高品質な通信をすることができるでしょう。

2980円と安いので、もしかしたら通信に制限をかけてくるかもしれませんので、今後のドコモの動向に注意もしておきましょう。

5Gについても現在だとdocomoが有利でしょう。

ズバリ!筆者のおススメは?

いかがでしょうか。

他にも比較するべきことはあるかと思いますが、サクッと思いついたものを今回書いてみました。

筆者のおススメとしては

楽天モバイルで1年間無料を効かせて、半年後以降にdocomoのahamoに乗り換え

が良いでしょう。

新サービスが始まる=他の会社も対抗して新サービス・新料金プランを出してくる可能性が大いにありますので、焦らずに見ていくと良いでしょう。

フォローして最新情報をゲット!

ブログカテゴリの最新記事

チームネットラボで記事を書いてみませんか?
あなたの才能を私たちと発揮しましょう!
初心者でもOK!ほんの少しの報酬もあり!
詳しくはお問い合わせフォームからどうぞ!